浅草で着物レンタルしていつもと違った1日を

浅草の街を訪れると浴衣姿の人の多さに驚くはずです。初詣や夏祭りに浴衣を着る人はいても、普段から着物を着ている人は少ないですから。「さすが下町風情あふれる浅草。日本の伝統的衣装が普段着なの?」と思ってしまうかもしれません。でも、着ている人のほとんどは観光客だったりします。


着物をレンタルして雷門で写真撮影


着物をレンタルして街を散策するのも浅草の楽しみ方の1つです。着付けもヘアーセットも、小物も履物もすべて現地で用意できるから、手ぶらで訪れても手軽にいつもと違った日常を体験できます。
せっかく着物をレンタルして浅草の街を散策するのなら、その姿を写真に納めておきたいものです。そこでおすすめの写真スポットは雷門。シンボルともいえる大きな提灯のすぐ下で撮影しても、提灯の両脇に祀られている風神雷神と一緒に撮影しても、きっと忘れられない思い出の1枚になります。夜にはライトアップされるので、観光の締めに記念の1枚を撮ってみても良いでしょう。
また、外国の観光客から「一緒に写真を撮ってほしい」と声をかけられることもしばしばです。ちょっとしたアイドル気分を味わえるかもしれません。

着物は日本の伝統的衣装ですが、着付けが大変だったり保存に気を使うために今では日常的に着ている人はあまり見かけません。浅草はそんな着物を手軽に体験できる観光スポットと言えるのではないでしょうか。